2019年11月05日

小西と関係のある男が弁護士事務所と揉めてるw

本業が忙しく、
なかなか小西ウォッチできていませんが、
昨日ちょっとだけ小西ウォッチをしてみると、
小西と関係のある本荘大和が代表の株式会社WOSSが、
顧問弁護士事務所と揉めてるようで笑ってしまいました。
(半年ほど前の話で、遅すぎですみません。)

揉め事についての詳しい記事はこちらです。
https://biz-journal.jp/2019/05/post_27824.html


ざっとしか見ていませんが、
顧問契約を結んだ弁護士事務所の弁護士1人が、
集団訴訟サイトMatoma(マトマ)と関わりがあり、
Matomaから集団訴訟を呼びかけられていることが、
「利益相反でおかしいやないか!」ということらしく、
顧問契約書やら請求書やらを公開し、
弁護士会に対して懲戒請求を行ったようです。

株式会社WOSSのプレスリリースを見てまず、
「日付が無いやんwいつのリリースやねんw」
っていうことは横に置いておいて、
揉めてる内容を簡単にまとめると、
株式会社WOSS側は、
顧問契約して代金支払ってるから現在も契約は有効で、
利益相反になるようなことしたらアカン!
ということで、懲戒請求をしたらしく、
弁護士事務所側は、
契約は少なくとも現時点では継続されておらず、
代金も受け取っておらず、
法律業務の依頼も受けていない。
という完全に対立しております。

そして、
揉め事が起こって半年ほど経った今、
Matomaは別の法人に事業譲渡され、
弁護士事務所と関わりが無くなったようになり、
契約をしたとされる弁護士は別事務所で、
契約元となる弁護士事務所は今も営業中です。

弁護士懲戒処分検索センターというサイトで、
懲戒処分の検索結果が無かったので、
懲戒処分は無いのではないかと思いますので、
弁護士事務所側の言い分に分があるのかもしれませんね。

posted by もんち at 13:35 | Comment(0) | 詐欺ネットビジネスに注意! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: